07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

はやくNinjaになりたい

 

オイル交換 

前回、こっちのショップにオイル・オイルフィルター交換を頼んだら、
結構な工賃とられたので、今後は自分で交換することにした。
(前のショップは購入店だったので工賃0なのと、同時にイロイロチェックしてくれてたので任せてた。)

で、来週から九州ツーリングにいくのでさっそく交換。
前回交換からまだ1400kmしか走ってないけど(笑)

Ninja650Rオイル交換手順(Ninja400Rも同じだと思う)
整備士免許も持っていない素人のやり方です。
参考にして不具合があっても責任とれませんので自己責任でお願いします。


■用意するもの
Oil_01_convert_20120811164026.jpg
・オイル(当たりまえ)2ℓ
・廃油処理箱(好み)
・オイルドレンボルト(普通は交換しなくてよいが、今回気分交換)
・ドレンワッシャ(ドレンパッキン)(ベストは毎回交換だが2,3回は使えるらしい)

Oil_22_convert_20120811163759.jpg
・オイルジョッキ(好み)
 使い捨ての漏斗でもいいと思う

必要工具
・メガネレンチ
 ドレンボルトを外す時・取り付け時に必要(純正ボルトは17mm)
 スパナ・モンキーは止めたほうがよい

・ヘキサゴンレンチ(6角レンチ)
 アンダーカウルを外す時・取り付け時に必要

・マイナスドライバー
 アンダーカウルを外す時に使う(別のモノで代用可)


■準備
Oil_02_convert_20120811163511.jpg
メンテナンススタンドでリフトアップ
センタースタンドのないNinja650Rなので、これで車体を水平に保つ。
写真ではハンドル切ってるが、ハンドルもまっすぐに。
動かない用に輪ゴムでフロントブレーキを引いた状態を保つ。

(参考)暑い日にサイドスタンド状態で別の作業をしていたら、アスファルトにめり込んだ跡
    サイドスタンドのまま作業する場合は何かを下に敷いたほうがよい
    よく言われるのがカマボコの板や空き缶を潰したもの(普段の駐車時も同じ)
Oil_03_convert_20120811163540.jpg


■アンダーカウル取り外し

Oil_04_convert_20120811163555.jpg
矢印の3か所のクイックリベットを外す(これが左右のアンダーカウルを連結している)
○の4か所左右8か所をヘキサゴンレンチで外す(黄○と赤○でサイズが違う)

クイックリベットの外し方
Oil_05_convert_20120811163611.jpg
側面に溝があるのでマイナスドライバーを突っ込んでテコの原理で引っこ抜く
Oil_06_convert_20120811163625.jpg

アンダーカウルを外した状態(いろいろ汚いところが見える)
Oil_07_convert_20120811163637.jpg


■古いオイルを抜く

真下に廃油処理箱をセットし、ドレンボルトを外せばオイルが抜ける

その前に、
ドレンボルトをもう一度付ける際、きちんとした手順ではトルクレンチを使って規定されたトルクで締める必要があるが、
トルクレンチが高いのもあり、感覚で締める人が結構多い。
その感覚がわからなければ、外す前に上下矢印のようにマークを付けておけば目安になる。
写真ではズレてるが、前回パッキンを交換しなかったのでチョイ強めで締めているから。
Oil_09_convert_20120811163710.jpg

汚れたオイルを抜きやすくする為に、数分暖機する。
Oil_08_convert_20120811163655.jpg

オイルフィラーキャップを外し、メガネレンチでドレンボルトを少しずつ緩めて最後は手で外す。
(最後手で外すのはボルトが廃油箱に落ちない用に)
ドレンボルトが外れた瞬間にドバーっとオイルが抜ける。

暖機程度であればオイルが素手にかかっても大丈夫な程度の温度だが、
それなりの距離を走行した直後などはオイルが結構な高温になっている場合があるので注意が必要。
厚手のゴム手袋をするか、(軍手は高温のオイルがしみてくるので危険)
レンチでそのまま外して廃油箱に落とし、冷めた後で拾うのが一番安全。

もう一つ注意、逆方向(締める方向)に力いっぱい回してなめてしまわないように。
Oil_10_convert_20120811163724.jpg

Oil_11_convert_20120811163818.jpg

■新しいオイルを入れる

オイルが抜けたらドレンボルトを締める。
今回はドレンボルトとパッキンを交換
Oil_21_convert_20120811163744.jpg

メガネレンチを使って手トルクで締める。マークもないので完全なる感覚(笑)
締めすぎてなめてしまうと後々大変らしいので注意。
とりあえずオイルが漏れなければよい。

給油口からまずは少し足りないと思うくらい入れる。
オイルフィラーキャップを軽く締め、エンジンをかけて1分程アイドリング。
エンジンを切ってまた5分程おいて量をチェック。
足らなければ継ぎ足して再度チェック。
それをゲージのLowとHiの間に収まるまで繰り返す。
フィルター交換しない時は1.7ℓらしいけど少なかったのでチョイ足した。
Oil_23_convert_20120811163832.jpg

ここまででオイルが滲んでいないかドレンボルト周辺をチェック。
オイルフィラーキャップもしっかり締める(手で)

■アンダーカウル取付
1.両側4か所づつの6角ボルトを仮締め。
2.クイックリベットをとめる
3.6角ボルトを本締めする(締めすぎ注意)

クイックリベットとめ方

こういう状態にして
Oil_31_convert_20120811163901.jpg

先端を差し込み
Oil_32_convert_20120811163919.jpg
最後に真ん中を押し込む

■片づけ
廃油処理箱はそのまま燃えるごみとして出せる
Oil_90_convert_20120811163936.jpg

漏れないように縛ってポイ(写真は縛りが甘かったのでこの後縛りなおし)
Oil_91_convert_20120811164010.jpg

直後の走行時には再度オイル漏れ(滲み)がないかチェック。

(参考)今回使用したモノ
CF POSH:アルミドレンボルト
CF POSH:補修用ドレンワッシャ
amon:ポイパック
DAYTONA:フタ付き オイルジョッキ
スポンサーサイト

Category: メンテナンス

tb 0 : cm 2   

コメント

ほぅ…オイルは冴強ですか(^^)
私も結局最近はこれに落ちつきました。
Kawasakiらしさが見るだけで分かりますし(笑)

結構自分でやると手間がかかりそうですね…
これもフルカウルの宿命ですねf(^^;

非常に見やすく分かりやすい説明ですね。
私も時間さえあれば、自分でオイル交換してみようと
思いましたよ。
…時間があると私の場合すぐに走りに行っちゃうんですけどf(^^;

Akira #- | URL | 2012/08/11 21:47 [edit]

Akiraさん コメントありがとうございます。

東京いた時はショップがそこそこランクの「MOTUL :5100 4T 15W-50」をずっと入ててくれてて、この前こっちのショップに何も言わずに出したら安めの「KAWASAKI:R4 SJ 10W-40」入れてくれたのですが、正直自分の走りと交換頻度だとあまり違いがなく、今いろいろ試しているところです。
明日、チェックの為に軽めに走るので違いが出るのか確かめてみて、九州ツーリングが終わったらまた別のを入れる予定です。
ちなみにまだ7400kmしか走ってないのに今回でオイル交換5回目です(笑)

自分でいろいろやっておくとトラブル時に強くなるのと、愛着が更にわきます。あんま関係ないですがPCも絶対自作派です(笑)
同時にチェーンメンテとアンダーカウルの掃除もするのでそれほど手間と感じることはないですよ。これだけやって2時間ちょいくらいかな?

あと実はオイル交換だけならアンダーカウル外さなくても出来なくはないです。
少し作業性は落ちますが。。。

ダニー #- | URL | 2012/08/11 23:16 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ninja650blog.blog.fc2.com/tb.php/65-f86e08ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)